仕入れ店舗 ハードオフ編

logo,44

どうも。ポイフルです。

ここでは、ブックオフ仕入れについて、お話ししていきます。

ハードオフは値付けに統一感がないため、

仕入れできる店舗と仕入れできない店舗がハッキリと分かれます。

その辺りを押さえておくと効率的に仕入れができるでしょう。

【立ち回り】

ジャンク

裸ソフト

オールド・レトロ

最近のソフト

本体

この順で見ていきます。

ソフトの並びが店舗によって違ったり、

機種ごとに分かれていない場合もあるので、

こういう書き方になってます。

ジャンク

周辺機器類が特においしいです。

64やGCのコントローラは破損率も低いので、

仕入れやすいです。

ソニー系のコントローラは利益取れるんですが、

ちょっと破損率高い印象あります。

他にも、ジャンクで本体の遊べるセットを作って売る、ということもできます。

色んなお宝が眠ってますが、

返品不可なので、狙うのは資金に余裕が出てきてからでいいでしょう。

裸ソフト

ハードオフの中でも、全体的に雑な値付けがされてるコーナーです。

ジャンクとここを見るだけでも、ハードオフ仕入れの大半は完了と言えます。

状態悪いことがしばしばあるので、

できれば状態確認をしてから仕入れましょう。

オールド・レトロ

スーファミやファミコン、アドバンス、PS2辺りが仕入れやすいです。

ただ、とにかく量が多いので、

前もってリサーチしておくか、

有名タイトルのみを狙うなど、効率的に仕入れるための工夫が必要です。

最近のソフト

DSやWii、PSPが仕入れやすいです。

レースやスポーツ、学習など量が少ないジャンルが特においしいです。

アクションやRPGのようなメジャージャンルは高い印象あります。

PS3もちょいちょい仕入れできるので、

時間あれば見る程度でいいでしょう。

本体

ほぼ無理です。

ごく稀に極端に安いのがある程度です。

【値付け】

値付けはまあ、とにかく雑です。

中古なのに、定価より高い場合もあるくらいテキトーです。

店舗ごとの統一感もほぼありません。

なので、店舗ごとの傾向を覚えることが重要です。

ただ、先述のように、

ジャンクや裸ソフトみたいな値段が付けづらいものは、

投げ売りになる傾向があります。

他にも、

付属品が欠品しているような商品は、

かなり安くなってたりします。

値段が付けづらそうな商品を狙っていくと、

仕入れがしやすくなるでしょう。

【まとめ】

①ジャンクは返品不可だが稼ぎやすい。

②ジャンクや裸ソフトのような値付けしづらい商品がおいしい。

③統一感がないため傾向を覚えることが大切。

慣れてくると、ブックオフに比べて、

商品を横に広げやすいので、

何度も足を運んで傾向を掴みましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする